pickupコミュニケーション会話の法則対人関係比喩話し方

第123回「伝える力を倍増させる比喩のテクニック」

伝える力はコミュニケーションを円滑に、そして物事を思い通りに進めるためには必須の技術です。説明能力、すなわち伝える力を倍増させるには、比喩表現は身につけたい能力です。特に、指導的な立場にいる方にとっては必須の能力と言えるでしょう。

pickupコミュニケーション交渉会話の法則対人関係話し方質問力

第120回「言葉の裏に隠れた意図を読み取る技術」

日本語コミュニケーションには、「省略」が多い。いわゆる「腹芸」が多いのも日本語コミュニケーションの特徴です。言葉ですべてを表現してくれるわけではないので、意図を正確かつ瞬時に読み取らないと、コミュニケーションがうまくいきません。「省略」に強くなって、コミュニケーション能力を高めていきましょう。

コミュニケーション対人関係日本語言葉話し方

第113回 「コミュニケーション改善法──余裕を持たせる」

コミュニケーションの三原則を取り上げています。今日はその3「余裕を持たせる」を詳しく見ていきましょう。ここでの「余裕」とは、よく言われるような「気持ちの余裕」とは少し異なります。気持ちの余裕は、良いコミュニケーションにはもちろん大事です。しかし、それは三原則の2つめ、「視点を高める」によって実現できる。原則の3つめのとしての「余裕」は、もっと言葉そのものであり、言語そのものの性質に関わる大切な「余裕」のことです。

コミュニケーション会話の法則対人関係話し方

第112回 「コミュニケーション改善法──視点を高める」

コミュニケーションの三原則を取り上げています。今日はその2「視点を高める」を詳しく見ていきましょう。視点の高さを変えるとは、具体的にはどんな見方をすることなのでしょうか。まず、「日本人は概して視点が低い」という傾向から理解しましょう。

日本語話し方

第108回 「日本語を良い声で話す方法」

今月のテーマは新年の最初の講座にふさわしく「良い声で話すための、日本語の勉強」です。日本語には、良い声で話しづらい特徴がいくつかあります。トレーニングをしないと良い声が出にくい言語、ということです。逆に、たとえばイタリア語は、特にトレーニングをしなくても、正確に発音するだけで良い声になりやすい。日本語の特徴を知り、良い声で話す技術をマスターしましょう。

会話の法則話し方

第105回 「コミュニケーション能力が高まる会話の法則その3」

今月の音声講座は「会話の法則」についてお話します。いいコミュニケーションでいい人間関係を築く「会話」には法則があります。今月は「会話の法則第3回」(最終回)です。じっくり実践しながらマスターしてください。会話は奥が深いので、たった3回で扱いきれるわけではなく、ほかにも有効な会話法則がたくさんありますが、まずはここまでを練習して、身につけておいてください。

届く声発声法話し方

第100回 「届く話し声の練習法」

今日のテーマは「届く話し声」です。メールレッスンでもお届けしている倍音の出し方と連動して「力まなくても届く話し声」の音声レッスンをしていきましょう。まず大事なのは、声は力まずに出すこと。声帯の構造からして、周辺の筋肉に余計な力が入ると、声帯がきれいに鳴らず、共鳴腔も素直な形になりません。