pickupコミュニケーション嗄声発声法

第115回 「早口改善法~ゆっくり話す3つのメリット」

話し方の相談では、タイプがめずらしいのに数は多いのが「早口の悩み」です。話し方や発声の相談では、「強ではなくて弱」のタイプが大多数を占めます。例えば、「声が大きくて困る」という相談はなく、「大きな声を出したい」が多く、「しゃべりすぎて困る」ではなく、「しゃべれない」、「口数が多い」ではなく、「語彙が少ない」という家並みが多くなります。そんな中で、「早口」は唯一、どちらかといえば「強」の側なのに相談が多いのです。おそらく、話し方のトラブルの中で、他人に指摘しやすかったり、誰かから指摘された経験によって早口を自覚している人が多いと考えられます。

pickupコミュニケーション嗄声発声法

第114回 「嗄声(かすれ声)の改善法」

嗄声(させい)とは、かすれ声のことです。嗄声を直すほうが望ましい理由と、直す方法について、今日は取り上げます。嗄声は声帯のトラブルなので、誰もがなりうる状態です。嗄声の原因は、「声帯の状態と使い方のトラブル」による「空気漏れ」。さらに根深い原因として「日本人は嗄声に甘い」という背景があります。ノイズ(非整数次倍音)を良しとする文化があったため、味を出すために、わざと喉を潰し「ハスキーボイスになりたい」などと憧れる人もいるくらいです。発声的には「声帯への負担が大きく、空気の消費も多い、無理のかかった発声」であり、健康的ではありません。しっかりと改善していきましょう。

pickupコミュニケーション対人関係日本語言葉話し方

第113回 「コミュニケーション改善法──余裕を持たせる」

コミュニケーションの三原則を取り上げています。今日はその3「余裕を持たせる」を詳しく見ていきましょう。ここでの「余裕」とは、よく言われるような「気持ちの余裕」とは少し異なります。気持ちの余裕は、良いコミュニケーションにはもちろん大事です。しかし、それは三原則の2つめ、「視点を高める」によって実現できる。原則の3つめのとしての「余裕」は、もっと言葉そのものであり、言語そのものの性質に関わる大切な「余裕」のことです。

pickupコミュニケーション会話の法則

第111回 「コミュニケーション改善法──ポジティブに受け取る」

前回、「コミュニケーションの三原則」を取り上げました。しかし、原則を知ったからといって、それだけでは良いコミュニケーションにはなりません。今日は三原則の1、「ポジティブに受け取る」を集中的に取り上げて、実行できているかどうかをチェックしましょう。ポイントは「隠れた言葉」です。

pickup対処法

第109回 「声のメンテナンス~声が出にくいときの対処法」

乾燥しやすい季節は、声のメンテナンスが大事。日頃のメンテナンスだけでなく、本番直前のメンテナンスや注意点も取り上げます。「今日これからスピーチなんですけど、声がよく出ないんです」「明日が本番なのに、声が嗄れてしまって」と、緊急のご相談をいただくことがあります。

pickup日本語話し方

第108回 「日本語を良い声で話す方法」

今月のテーマは新年の最初の講座にふさわしく「良い声で話すための、日本語の勉強」です。日本語には、良い声で話しづらい特徴がいくつかあります。トレーニングをしないと良い声が出にくい言語、ということです。逆に、たとえばイタリア語は、特にトレーニングをしなくても、正確に発音するだけで良い声になりやすい。日本語の特徴を知り、良い声で話す技術をマスターしましょう。

pickup共鳴発声法発声法

第106回 「共鳴発声法集中レッスン」

今回は久しぶりに「共鳴」のレッスンをしましょう。音色塾の教科書『内向型人間が声と話し方でソンしない本』の追加レッスンです。あとで再読してみると、この音声レッスンとの相乗効果が期待できますよ。共鳴発声法をしっかり身につけるために、共鳴のトレーニングを丁寧に進めていきましょう。