声と話し方の教材

音声講座のバックナンバーです

音声講座

第100回 「届く話し声の練習法」

今日のテーマは「届く話し声」です。メールレッスンでもお届けしている倍音の出し方と連動して「力まなくても届く話し声」の音声レッスンをしていきましょう。まず大事なのは、声は力まずに出すこと。声帯の構造からして、周辺の筋肉に余計な力が入ると、声帯がきれいに鳴らず、共鳴腔も素直な形になりません。

「呼気を通す発声器官の形」を正常化していくトレーニングをまずは実践しましょう。発声器官の形が整えば、呼気を流してやるだけで、きれいに鳴るようになります。ポイントは次の3つです。1. 押さない(鳴らす感覚)2. 咽頭部をゆったり開ける(高アクセントに上がるときに詰まりやすい)3. 眉間の響きを保つ。3つのポイントを意識しながら、共鳴の利いた話し声を癖にしましょう。

●以下の有料メルマガもセットになっています。

  • 第201回 受け入れてもらえる声の出し方その1
  • 第202回 受け入れてもらえる声の出し方その2
お気に入りに追加 価格 4,200 円(税込) 

サンプル音声はこちらからお聴きください。

現在未ログインです。この音声講座配信中に音色塾会員に在籍していたか、またはこの音声講座を個別購入している場合はログインすると本編を聴くことができます。
こちらのログインページから入ってください。
TO TOP