全盲ピアニストの辻井伸行さん 第13回ヴァン・クライバーン 国際ピアノコンクールで優勝!!

音楽 -music-

こんにちは。
フェルモンド齋藤です。

いやあ、すごいことになりました。

5月22日から6月7日までアメリカのテキサス州フォートワースで行われていた、
2009年第13回ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール。

なんと、全盲の日本人ピアニスト辻井伸行さん(20)が優勝しました!!
すごい、すごい。

日本人では初の優勝。ファイナル出場でも40年ぶりの快挙です。
過去の日本人入賞者は3人で、これまで1969年の野島稔さんの2位が最高。

全盲というハンデの中、すべての鍵盤の位置や、楽譜の音の強弱や表現を体にしっかりと、
覚えこんでおり、天才的な感性から出る彼のピアノの音はまるで天の声のようでした。

ファイナルの曲目はラフマニノフのピアノ協奏曲第二番、ヴェートーベンの熱情、リストの
ハンガリアンラプソディーと、私も好きな曲ばかり。

観客も全員総立ちで、拍手が鳴り止みません。
公式サイトではWebcastという形で全ての映像が公開されているのですが、
感動のあまり、画面の前で立ちすくしてしまいました。

予選のショパンエチュード全曲演奏から始まって、ずっと注目していたのですが、
見事に優勝!うれしいですね。

出場者29人は一人残らず、世界トップレベルの才能と努力を重ねて、
とてつもない気合いを入れて予選を突破してきたピアニストたち。

テクニックは誰がどうのこうのというレベルの世界ではありません。

審査委員長がこんな発言をしていたそうです。
「コンペティションというのは恋愛のようなものだ。
審査員は、上手な演奏を聴きたいのではない。
ここに出てくるような人たちはみんな上手な演奏をするのはすでにわかっている。
審査員は、演奏を聴いて恋に落ちてしまうような音楽を聴きたいと思っているのだ」と。

まさに、その通りですね。
辻井さんの演奏、観客全員を恋に落としてしまったのですね。

同コンクールが名前を冠するヴァン・クライバーン氏は次のようにコメント。
「奇跡としか言いようがない。まさに神業だ」と

本当におめでとうございます。
これからの活躍を期待しています。

来年はいよいよショパンコンクールもあります。
楽しみですね。

ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールのWebcastのURLを載せておきます。
ぜひ、感動を共有しましょう。

ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールの動画はこちらから
※Silverlightというプラグインが必要です。同サイト内からダウンロードできます。

右の大きいボタンから進むと、全ての動画を見ることができます。

*今日のヒトコト*
辻井伸行さん、本当におめでとうございます!

>>あなたの魅力を高める音色塾への入会はこちらから