声と話し方の教材

音声講座のバックナンバーです

音声講座

第106回 「共鳴発声法集中レッスン」

今回は久しぶりに「共鳴」のレッスンをしましょう。音色塾の教科書『内向型人間が声と話し方でソンしない本』の追加レッスンです。あとで再読してみると、この音声レッスンとの相乗効果が期待できますよ。共鳴発声法をしっかり身につけるために、共鳴のトレーニングを丁寧に進めていきましょう。

共鳴発声法とは、共鳴を上手に利用して話す技法ですが、共鳴には「狭まり」という条件が必要です。一流の歌手は共鳴コントロールを駆使して優れた歌唱をおこなっています。共鳴コントロールの目的は、特定の周波数成分を強めること。私たちの耳の感度が高い周波数成分に声のエネルギーを集中できれば、聞こえやすい声になるわけです。特定の周波数成分を強める感覚を、発声レッスンでは「響きを集める」「響きを捉える」「響かせる」「共鳴をつかまえる」といった表現で呼びます。今日は、あらためて共鳴をつかむトレーニングを「狭まり」というキーワードを意識しながら実践していきましょう。

●以下の有料メルマガもセットになっています。

  • 第213回 発声はなぜ気持ちいいか──口を開けすぎないというコツ
  • 第214回 第214回 発声はなぜ気持ちいいか──パワーで押さないというコツ
お気に入りに追加 価格 4,200 円(税込) 

サンプル音声はこちらからお聴きください。

現在未ログインです。この音声講座配信中に音色塾会員に在籍していたか、またはこの音声講座を個別購入している場合はログインすると本編を聴くことができます。
こちらのログインページから入ってください。
TO TOP