声と話し方の教材

音声講座のバックナンバーです

音声講座

第101回 「話声位を良い声にする練習法」

今日は「良い声で話す」のポイントを絞り込んだテーマです。ふだん私たちは、歌のほぼ最低音域でしゃべっています。なぜなのかといえば、それは楽だから。声の質を気にせず、「言葉が通じればいい」とばかりに無造作に発すると、低めになってしまいます。「気持ち高めで話す」は、感じの良い話し方の基本ですが、今回は低音域(話声位)の出し方をトレーニングしよう。

話声位のコツは話し声もジラーレ(回すように持ち上げる)を意識することです。良い話声位は、「回すように薄く持ち上げて鳴らす」こと。歌の練習で身に付けた技術(ジラーレ)を、話し声に適用していくプロセスを覚えましょう。また、力まなくても届く声を出すには、いつも響きで話す必要があります。「張り上げるように、勢いで、ノリで無造作に」のような発声ではなく、響きを感じながら話すことも意識していきましょう。

●以下の有料メルマガもセットになっています。

  • 第203回 聞き返されやすい人への処方箋その1
  • 第204回 聞き返されやすい人への処方箋その2
お気に入りに追加 価格 4,200 円(税込) 

サンプル音声はこちらからお聴きください。

現在未ログインです。この音声講座配信中に音色塾会員に在籍していたか、またはこの音声講座を個別購入している場合はログインすると本編を聴くことができます。
こちらのログインページから入ってください。
TO TOP