pickupコミュニケーション交渉会話の法則対人関係話し方質問力

第120回「言葉の裏に隠れた意図を読み取る技術」

日本語コミュニケーションには、「省略」が多い。いわゆる「腹芸」が多いのも日本語コミュニケーションの特徴です。言葉ですべてを表現してくれるわけではないので、意図を正確かつ瞬時に読み取らないと、コミュニケーションがうまくいきません。「省略」に強くなって、コミュニケーション能力を高めていきましょう。

pickupコミュニケーション対人関係日本語言葉話し方

第113回 「コミュニケーション改善法──余裕を持たせる」

コミュニケーションの三原則を取り上げています。今日はその3「余裕を持たせる」を詳しく見ていきましょう。ここでの「余裕」とは、よく言われるような「気持ちの余裕」とは少し異なります。気持ちの余裕は、良いコミュニケーションにはもちろん大事です。しかし、それは三原則の2つめ、「視点を高める」によって実現できる。原則の3つめのとしての「余裕」は、もっと言葉そのものであり、言語そのものの性質に関わる大切な「余裕」のことです。

対人関係話し方

第59回 「気が合うと感じさせる話し方」

同じ話をしていても、「気が合うなぁ」、「なんかこの人かみ合わないなぁ」と印象がまったく違うものになってしまうことがあります。今月のメインは「間」についてです。気が合うと思われるにはどうしたらよいのでしょうか。人間は皆価値観が違うので、話し方も話題もリズムも違うもの。気が合うなぁと思うときには、実は「間」が重要なのです。

共鳴発声法対人関係発声法話し方

第57回 「成熟と余裕を感じさせる大人の話し方 」

話し方や声には人柄が出ます。話し方一つで、「大人の余裕」を感じさせるか、「わがままな子供っぽさ」を感じさせるかが変わってきます。自分と人の意見は基本的に違うもの。日々の会話で自分と相手の意見が食い違うことはよくあることです。そのときにどのような対処をするかで劇的に印象が変わります。

会話の法則対人関係話し方

第43回 「伝わる話し方の極意―あなたのウソは見抜かれている」

「思っていることは伝わってしまう」という人間心理に言及しました。本当のことを言っているのか、ウソをつこうと思って言っているのかは「違和感」を感じることで分かってしまうのです。違和感がなく、しっかりと思っていることが相手に伝わるにはどうしたらよいのでしょうか。

対人関係発声法話し方

第40回 「イライラを感じさせない発声の技術」

声には無意識に感情がのっています。あなたのイライラは気づかないうちに相手に伝わってしまっているかもしれません。今回の音声講座では、イライラの声を出さずに自分をコントロールして、美しい色の声を出す方法をお伝えしています。声の色をコントロールして声の社会性を身につけてください。

会話の法則対人関係日本語話し方

第39回 「コミュニケーション能力が低い日本人を脱却する方法」

世界の中でも日本人はコミュニケーション能力が低いと言われてしまっているのが現状です。具体的にはどのようなところが原因で「コミュニケーション能力が低い」という評価をされてしまっているのでしょうか。今回のお話するスキルを身につけることができれば、「おっ」と言わせるコミュニケーションを築くことができるでしょう。周りの人はあなたと話すとなんとなく「気持ちいい」と思うようになりますよ。