こんにちは。
フェルモンド齋藤です。

音声講座聴いていただけましたか?
感想等も送ってくださいね。

バックナンバーの購入はこちらからどうぞ。

今日は、ホロヴィッツのスクリャービンをお楽しみください。
ホロヴィッツの演奏ですが、二種類アップしておきます。
出だしのところは、まったく違う雰囲気ですね。

Horowitz Plays Scriabin Etude Op.8 No.12 その1

Horowitz Plays Scriabin Etude Op.8 No.12 その2

冒頭の和音ではなんと11度が出てきます。dis-gisです。絶対届かない……。
そしてこの曲、最後は「fff」の指示なんです。すごい迫力ですね。

激しいといえば、キーシン。これも好きです。

Scriabin Etude op 8 no 12 by Evgeny kissin

今日は、外山啓介さんのピアノリサイタルに行ってきます。
ショパンとラフマニノフのプログラム。

ノクターン、エチュード、スケルツォなど有名どころを演奏して
くれます。

楽しみです。

*今日のヒトコト*
ホロヴィッツのfffは鳥肌ものです

>>あなたの魅力を高める音色塾への入会はこちらから

One Response to “ホロヴィッツのスクリャービンエチュード 「Op.8-12」”

  1. かおり より:

    すごく情熱的でかっこいい曲ですね!
    練習曲なのに、すごくロマンチック。

    わたしの好みでは、キーシンの演奏が、中間部(?)、
    一瞬夢見るようにロマンチックになるところでうっとり聴きました。
    他の部分が激しいから、そのギャップがとても素敵でした。

Leave a Reply