音色塾のフェルモンド齋藤です。

昨日はボイストレーナー2級集中講義でした。
3時間にも及ぶ長時間の講義。まさに、集中力がいる講義でしたね。

私、フェルモンドも冒頭の30分ピアノを使っての音楽理論を担当しました。
音楽理論というほどものではなかったかもしれませんが、声の指導をしていく上で、
知っておくといいですよ、という内容をお話しました。

1級ではもっと高度なことをやりますのでお楽しみに。
何人か質問があったので、お答えしておきますと私が弾いた曲は、
ショパンのノクターンOp.48-1 ハ短調でした。

ハ短調はドイツ語で……?

そう、c-moll(ツェーモール)です。
たしか、BGMのブログにアップしていたような。
あった、ありました。
http://www.otokan.com/blog/2009/10/03/373.html

音楽理論の講義のあとは、お待ちかねテノール齋藤先生の声の集中講義でした。
テノール齋藤

解剖学から始まり、声の基本、正しい姿勢、話し方のコツなど、どれも目からうろこでしたね。
テキストが真っ黒になるほど、書いている人も。
ボイストレーナー2級集中講義

皆さん勉強熱心です。
今回の講義がいつもの講座と違うところとは。
それは、自分がこの内容を「教えていく」ということです。

ボイストレーナー2級集中講義ということですから、遠くない将来自分がプロの講師として教えていくということを
踏まえた上での内容だったわけです。

決して、いい話を聞いた、で満足することなく教えていくことに昇華していってくださいね。

まずは、家族や友人に話してみましょう。
人に話すだけで、講義の内容が数倍も自分のものになるはずです。

ボイストレーナー2級集中講義2
個別の質問にもテノール齋藤がしっかりと答えてくれています。

講義が終わって数時間も経たないうちに、「とてもためになりました」「これからもっと勉強してがんばります」というメールが届いたり、
または「声についてもっと知りたくなりました。さっそく質問があります……」と私がまだ家に帰らずモスバーガーでライスバーガー焼肉を注文しているときにメールが届いたり。

本当に、受講者の皆さんの熱い気持ちが伝わってきました。

3時間もの長時間でしたが、終わってみればあっという間。
お疲れ様でした。

次回もお楽しみに。

>>あなたの魅力を高める音色塾への入会はこちらから
>>バックナンバー購入はこちら。サンプル音声も聴けます♪

*今日のヒトコト*
おっと、明後日は音声講座のアップの日です。これもいいですよ。

3 Responses to “ボイストレーナー集中講義が終了”

  1. まきこ より:

    そういえば、テノール先生はモスのライスバーガー焼き肉に、紅茶を合わせていらっしゃいましたが、
    フェルモンドさまは何を飲まれたのでしょう?(ヘンなところを突っ込んでしまいました)

  2. まきこ より:

    ↑以前メイフェアのブログか何かでテノール先生がそうおっしゃっていたということですよ、念のため。。。 

  3. 音色塾 より:

    まきこさんへ

    ジンジャーエールですね。
    いつも同じものになってしまいます。

Leave a Reply