ショパンの超絶技巧エチュード1番(Op10-1)

ショパンのエチュード(練習曲)はどれも超絶技巧が要求されます。

かつ、音楽性も要求されるというまったくもって容赦ない24曲です。

その冒頭を飾るのがこのOp10-1。

誰しも苦手とするアルペジオ(分散和音)の練習曲です。

あるピアニスト曰く、「三度の練習曲と並んで、この曲が最も難しい」。

続きの前に魅力アップのランキングクリック! »

そうなんです。本当に難しい。

ひそかに、フェルモンドが練習しているのですが、指折れるかと思いました。

ありえない幅の跳躍を薬指と小指で弾いたり、ほんと小指折れます。
先日は、メイフェアで爪がはげました。

弾き方が悪いんでしょうかね。

これは、アシュケナージの若い頃の演奏です。(アシュケナージの映像は貴重です)
すさまじいですね。

ショパン エチュード 作品10 1番 ハ長調
Chopin Etude Op10-1 C-dur

>>あなたの魅力を高める音色塾への入会はこちらから