questionphoto © 2009 David Goehring , Flickr

音色塾では声やコミュニケーションに関するテーマを毎月取り上げて、音声講座でお届けしています。
先月から「声の処方箋」と題して、皆さんからの生の質問に直接齋藤匡章先生がお答えする形で進行しています。

「なんだか、鼻にかかった嫌な声になってしまいます」
「喉声が克服できずに、相手に悪印象を与えてしまっています」

などなど、知識では分かっているけど実際にはできていないこともたくさんあると思います。

実際に、鼻声(鼻音化)については無意識のうちに相手に悪印象を与えている可能性が高く、
すぐにでも修正していかなければなりません。

前回の音声講座では「鼻音化の直し方」について配信しています。
知識をしっかり学ぶことはもちろん、実際に自分でできるようになるのが大切です。

送っていただいた悩みはわかりやすく、音声講座ならではの実践も含めてお届けしていきます。

会員さんはもちろん、これから会員になってみようと思っている方からの質問もOKです。
ぜひこちらからお寄せください。

Leave a Reply