スタインウェイ

1月31日に東京のHakuju Hallにピアノのコンサートに行ってきました。

北海道の医師でもあるピアニスト上杉春雄さんです。

曲目はたいへん珍しく、バッハの平均律連続コンサートです。

前半はバッハのプログラムで、ときに明るく、ときに厳粛な音楽を聴かせて
いただきました。

後半は、5本の指に入るほど気に入っている
シューベルトの「さすらい人幻想曲」でした。

シューベルトが25歳のときの作品で、とても若々しく、パワー溢れるすばらしい曲です。

上杉さんはフォルテッシモの迫力がものすごい。
なのに、ピアニッシモの表現力には鳥肌が立つ。

緩急もバランスも見事で、とてもすばらしい音楽を聴かせていただきました。

このホールは近代的な作りでLEDなども施してあり見栄えもよく、音もよく響くホールでした。
スタインウェイのフルコンとともに、極上の時間を味わうことができました。

シューベルトの「さすらい人幻想曲」は長いですが、なんと全部アップしてみます。
ランランの演奏でいいものがありましたのでご紹介します。

圧巻は最終楽章ですので、面倒な方は三つ目の動画を3分7秒くらに飛ばしてみてください。

生で聴いたら、身震いすら覚えます。

『第一楽章~第二楽章導入』

『第二楽章』

『三楽章から最終楽章』

3 Responses to “ピアノのコンサートに行ってきました”

  1. Stella☆ より:

    コンサート、行けなくて残念でした!><!
    が、この演奏もすごいですね!
    この人のは初めて聴きました。
    切れ者ですね。

    上杉さんの方が、直接「来る」のかな、などと想像もしてしまいました。
    やっぱり生で聴かなくては、ですね。

  2. 匿名 より:

    「さすらい人幻想曲」ありがとうございます!
    ぴったりの再生場所まで、ご親切に♪♪♪

    私は右端で、手元が見えなかったのですが、
    この動画で見られるのがうれしいです。
    モンドさんはどのあたりにいたらしたのでしょうか。

    このコンサートを開くために費やした、
    長い年月の練習の時間を思うと、言葉がありません。
    観客にとって、その素晴らしい演奏が聴ける時間は、
    数字では長いようでも、その場ではあっという間です。
    まるで夜空の打ち上げ花火です。

    名残惜しく、鳴り止まない拍手に、
    4回も(それもすごいです)応えてくれたのが、超うれし~~~です!!
    最高でした!!!

  3. まきこ より:


    名前忘れてました。ごめんなさい。

Leave a Reply