今月の音声講座


第111回 「コミュニケーション改善法──ポジティブに受け取る」

前回、「コミュニケーションの三原則」を取り上げました。しかし、原則を知ったからといって、それだけでは良いコミュニケーションにはなりません。今日は三原則の1、「ポジティブに受け取る」を集中的に取り上げて、実行できているかどうかをチェックしましょう。ポイントは「隠れた言葉」です。

まず、気をつけたいことは「隠れた言葉」をネガティブに推測しないこと。私たちの発話は、すべての情報が言葉として明示されているわけではありません。「暗黙の了解」や「秘めた思い」といったような隠れた意味が存在します。さらには、重層的に「隠れた言葉」があることもあるのです。私たちは通常、これら「隠れた言葉」をいちいち確認することなく、さらっと推測しながらコミュニケーションをしています。その「推測」をネガティブにしないことがコミュニケーションの大事なポイントです。

第111回 「コミュニケーション改善法──ポジティブに受け取る」(本編)

収録時間:48分28秒 ファイル形式:mp3

※音声ファイルのダウンロードはこちらからどうぞ↓(PCのみ)

Icon
第111回 「コミュニケーション改善法──ポジティブに受け取る」
66.57 MB

音色塾への入会はこちら

音色塾は声や話し方、コミュニケーションスキルを磨く専門機関。言語学、心理学、音声学、音楽心理学の専門家たちが発信するレベルの高いコミュニケーションスキルを学ぶことができます。日本発声協会が認定する指導者資格制度も用意しています。