今月の音声講座


第165回「コミュニケーションを破壊する4D言葉にご用心」

良いコミュニケーションを遮ってしまう代表格は「否定」です。例えば「でも」が口癖になっている人は、会話の流れを途切れさせ、人間関係にひびを入れることが多いはずです。無意識のうちに、ついつい使ってしまう4D言葉。気持ちの良いコミュニケーションを築くためには、相手が気持ちよく話せているか、会話の流れを遮っていないか、改めて確認していきましょう。

4D言葉とは「でも、だって、どうせ、だから」のこと。ついつい、無意識のうちに使ってしまう4つの言葉です。これらには、否定や言い訳、自己卑下、攻撃などどれもマイナスのエネルギーが含まれます。一度立ち止まって、自分が無意識に使ってしまっていないか確認してみましょう。前向きな言葉に変換して、心地よい会話の流れを作っていきましょう。

第165回「コミュニケーションを破壊する4D言葉にご用心」(本編)

収録時間:39分47秒 ファイル形式:mp3

※音声ファイルのダウンロードはこちらからどうぞ↓(PCのみ)

Icon

第165回「コミュニケーションを破壊する4D言葉にご用心」 54.65 MB

音色塾への入会はこちら

音色塾は声や話し方、コミュニケーションスキルを磨く専門機関。言語学、心理学、音声学、音楽心理学の専門家たちが発信するレベルの高いコミュニケーションスキルを学ぶことができます。日本発声協会が認定する指導者資格制度も用意しています。