今月の音声講座


第160回「落ち込んだ自分を救う声の習慣」

最近、人と話す機会が少なくなったり、オンライン会議で普段とは違った発声になったりして、気持ちも落ち込み気味という人は少なくないでしょう。コミュニケーションは心の健康を保つ上でとても大切な要素です。そして、声を出して会話することは、精神的な安定やモチベーションの維持に役立ちます。

モチベーションが上がらず、落ち込むことが多いなら、まずは心の健康を維持する工夫をしましょう。ゆったりお風呂に入ったり、音楽を聴いたり、映画を見たりとまずは気持ちが安定する行動をすると良いでしょう。そして、毎日声を出す時間を設けて、しっかりと発声すること。声をしっかりと出すことを習慣にすることで、自然と心の健康を保つことに繋がり、モチベーションも維持することができます。

第160回「落ち込んだ自分を救う声の習慣」(本編)

収録時間:41分59秒 ファイル形式:mp3

※音声ファイルのダウンロードはこちらからどうぞ↓(PCのみ)

Icon

第160回「落ち込んだ自分を救う声の習慣」 57.68 MB

音色塾への入会はこちら

音色塾は声や話し方、コミュニケーションスキルを磨く専門機関。言語学、心理学、音声学、音楽心理学の専門家たちが発信するレベルの高いコミュニケーションスキルを学ぶことができます。日本発声協会が認定する指導者資格制度も用意しています。