今月の音声講座


第121回「朗読で共鳴トレーニング」

会話の発声をトレーニングするために「朗読で発声トレーニング」は、今までにも取り上げていますが、今一つ思うような成果が上がっていない人が多いようです。朗読はたいへん効果的なトレーニングなので、ぜひ「手応え」が感じられるだけの成果を上げてほしいと思います。今日はあらためて、話し声を鍛える発声トレーニングとしての朗読の使い方を取り上げます。日常の話し声で手応えを感じられるまで朗読トレーニングをしていきましょう。

話し声の共鳴コントロールは、声を「捉える」感覚が大事です。物をつかむように声を捉える感覚がわかったら、共鳴がわかってきたと思っていいでしょう。「捉える」感覚をキープしつつ、こもった声にならないように練習しましょう。日常会話の発声に自信や確信が持てると、満足度が高くなります。会話をしながら、楽に気持ちよく声が出るようにトレーニングしましょう。

第121回「朗読で共鳴トレーニング」(本編)

収録時間:44分41秒 ファイル形式:mp3

※音声ファイルのダウンロードはこちらからどうぞ↓(PCのみ)

Icon
第121回「朗読で共鳴トレーニング」
56.84 MB

音色塾への入会はこちら

音色塾は声や話し方、コミュニケーションスキルを磨く専門機関。言語学、心理学、音声学、音楽心理学の専門家たちが発信するレベルの高いコミュニケーションスキルを学ぶことができます。日本発声協会が認定する指導者資格制度も用意しています。