今月の音声講座


第133回「今すぐ良い声になるたった一つの発声のコツ」

発声トレーニングを始めて1、2年経った頃に「声が出にくくなった」と感じることがあります。こういう例は発声以外でもめずらしくなく、「呼吸法を習ったら、かえって呼吸が苦しくなった」「絵を習ったら、絵に味が無くなって下手になった気がする」というケースは多いもの。でも、ちゃんとトレーニングをしているのであれば、基礎力は必ずついています。以前よりマイナスになっているのではなく、ほかの原因が考えられるのです。

今回のレッスンでは主に、「意識の仕方のせいで、せっかく身につけた技術が使いこなせていないケース」への対処法をご紹介してきます。高性能な機能が付いたパソコンを買っても、その機能を使っていないのでは意味がありません。そこで今回は、日頃ちゃんとトレーニングをしている人が、その成果をちゃんと活かすためのコツをワンポイントでお伝えしていきます。

第133回「今すぐ良い声になるたった一つの発声のコツ」(本編)

収録時間:36分56秒 ファイル形式:mp3

※音声ファイルのダウンロードはこちらからどうぞ↓(PCのみ)

Icon
第133回「今すぐ良い声になるたった一つの発声のコツ」
50.73 MB

音色塾への入会はこちら

音色塾は声や話し方、コミュニケーションスキルを磨く専門機関。言語学、心理学、音声学、音楽心理学の専門家たちが発信するレベルの高いコミュニケーションスキルを学ぶことができます。日本発声協会が認定する指導者資格制度も用意しています。