今月の音声講座


第140回「芯のある声で話す方法」

仕事の能力と評価は必ずしも一致しません。能力があることは大前提ですが、他者から高く評価される人はそれに加えて、力強さ、安定感、頼りがいという要素を持ち合わせています。信頼感や安定感は「芯のある声」が表現されたものともいえます。「なぜあの人は高く評価されるのか」。その理由を「発声、話し方」から見ていくことにしましょう。

では「芯のある声」とは、どんな声なのでしょうか。発声法の観点から定義すると、芯のある声とは「お腹で支えている時間が長い発声」のことです。お腹の支えを「入れっぱなし」で話すと、声に芯が入ります。相手の反応に不安になって饒舌になるときは、芯のない顔色を窺う発声になっていることが多いでしょう。相手に必要な言葉だけをスパッと伝える時の声は、芯のある声が出ています。つまり、芯のある声で仕事をすれば、相手を安心させてあげることができ、信頼が得られ、さらにその信頼に応えながら自分も成長していけるのです。

第140回「芯のある声で話す方法」(本編)

収録時間:49分45秒 ファイル形式:mp3

※音声ファイルのダウンロードはこちらからどうぞ↓(PCのみ)

Icon

第140回「芯のある声で話す方法」 68.34 MB

音色塾への入会はこちら

音色塾は声や話し方、コミュニケーションスキルを磨く専門機関。言語学、心理学、音声学、音楽心理学の専門家たちが発信するレベルの高いコミュニケーションスキルを学ぶことができます。日本発声協会が認定する指導者資格制度も用意しています。