今月の音声講座


第145回「会話の印象を決めるピーク・エンドの法則とは」

ピーク・エンドの法則(peak–end rule)は、米国の心理学者、行動経済学者ダニエル・カーネマンが提唱した「出来事が絶頂時(peak)にどんなだったか、そしてどう終わったか(end)」で判定される、という法則。ピーク・エンドの法則を意識すると、会話や会議などで好印象を残し、信頼される話し方ができます。

信頼され好印象を与える会話のコツはピーク・エンドの法則を活用してメリハリをつけること。ダラダラ話さず、ポイントを絞ってしっかり山を作ることが大切です。何を伝えるかを決めてから話すこと、会話の最後の瞬間に笑顔を作ること、これだけを意識するだけでも印象が変わります。ピーク・エンドの法則を意識しながら、良い印象が残る会話を練習していきましょう。

第145回「会話の印象を決めるピーク・エンドの法則とは」(本編)

収録時間:36分36秒 ファイル形式:mp3

※音声ファイルのダウンロードはこちらからどうぞ↓(PCのみ)

Icon

第145回「会話の印象を決めるピーク・エンドの法則とは」 50.27 MB

音色塾への入会はこちら

音色塾は声や話し方、コミュニケーションスキルを磨く専門機関。言語学、心理学、音声学、音楽心理学の専門家たちが発信するレベルの高いコミュニケーションスキルを学ぶことができます。日本発声協会が認定する指導者資格制度も用意しています。