フェルモンド齋藤です。

音色塾の生徒さんからタイトル質問をいただきました。
これから本格的に活動をしていく上で必要だと感じられたのでしょう。

日本中どこでも持ち歩いて、発声の指導をしたいとはすばらしい。
こういった質問はどんどん送ってくださいね。
可能な限りお応えしていきます。

さて、今回の質問から考えるとほぼ決まってしまうのです。
持ち運べて、しかもピアノタッチ。

このピアノタッチを要求するところがいいですねぇ。
「音が出れば何でもいいので、キーボード何買えばいいっすか?」なんて聞かれたら、じゃあ好きなの買いなさいな、となるわけで。

楽器に関しては特に「触った感じ」は重要です。
自分の身体の感覚を通してそれを音にするわけですが、導入の時点をおろそかにしてはいけません。
その点「ピアノタッチ」にこだわるところはとても共感できます。

私フェルモンドはご存じの方もいると思いますが、限りなくグランドピアノのタッチを追求した電子ピアノを所有しているのですがとにかくこだわったのがタッチです。
ヤマハのN2というピアノなんですが、グランドピアノのタッチを追求ではなくて、「グランドの鍵盤をそのまま入れました」というもの。

そのコンセプトを見た瞬間に「これだ!」と思い、気がついたら家にありました(笑)。
一応電子ピアノのくくりですが、鍵盤のエスケープメント機構(グランドの鍵盤特有のカックン)もそのままなので感覚はグランドと同じです。

さて、表題の持ち運びができてピアノタッチのピアノですが、さらに「鍵盤はどのくらいあればいいですか?」と追加の質問が来ていました。

それはもちろん88鍵です。
だって、そうでなくてはショパンのプレリュードもブラームスのラプソディも弾けないですから。
なんて、そんなことはないのですが大抵ピアノタッチなら88鍵がほとんどですからそこは安心してください。

ということで、まとめると機種はほとんど決まってしまいます。
ヤマハのPシリーズなんかがピッタリくると思います。

それにしても、鍵盤楽器で持ち歩きたいという思いは私もあって、実はプロ用鍵盤ハーモニカ(ピアニカ)を買いました。
あ~埃がほのかにかかっているような……。

だれかアンサンブルしましょう。
リコーダーとピアニカのアンサンブルなんていいですね。

>>あなたの魅力を高める音色塾への入会はこちらから
>>バックナンバー購入はこちら。サンプル音声も聴けます♪

*今日のヒトコト*
BGMの心理学ブログも更新しています。

Leave a Reply